English help on website



searchoption(Ver9.24対応版)
目次内部的な値を表現するキーワード各種状態関連キーワード− searchoption
searchoptionキーワードは、検索オプションを表します。

検索オプションは、以前に実行された検索コマンドまたは置換コマンドのダイアログボックスで指定された各種のオプションを記憶しています。
オプションの内容は以下の通りのビットごとの論理和になっています。
0x00002000のビットは、searchoptionで得た値をsetsearchでそのまま復元するために常にONになっています。
拡張された検索オプションの、searchoption2もあります。
0x00000001 単語の検索
0x00000002 大文字/小文字の区別
0x00000004 置換かどうか
0x00000008 置換の場合、問い合わせの有無
0x00000010 正規表現
0x00000020 あいまい検索
0x00000040 ファイル名一覧だけ作成
0x00000080 次の秀丸エディタも続けて検索
0x00000100 サブフォルダも検索
0x00000200 最小化状態で実行
0x00000400 ファイル名をフルパスで出力
0x00000800 検索文字列の強調(検索,grep用)(setsearch等で設定する場合は0x00002000も必要)
0x00001000 検索文字列の強調(置換用)(setsearch等で設定する場合は0x00002000も必要)
0x00002000 強調のビットが有効(常にON)
0x00010000 追加の条件(普通の文字)
0x00020000 追加の条件(コメント)
0x00040000 追加の条件(#ifdef等の無効部分)
0x00080000 追加の条件(スクリプト部分)
0x00100000 追加の条件(文字列)
0x00200000 追加の条件(HTML/XMLタグ)
0x00400000 追加の条件(「のみ」)
0x00800000 追加の条件が有効であるかどうか
0x01000000 一周する
0x02000000 検索したら閉じる
0x04000000 バックアップ(grepして置換用)
0x08000000 保存の前に確認(grepして置換用)
0x30000000 出力先(grep用)
0x80000000 searchoption2が有効かどうか
「選択した範囲」のフラグはありません。「選択した範囲」で動作中であるかどうかはinselectingキーワードで得ます。
参照:setsearch

以下は検索オプションを変数に設定しておく例です。
//searchoption(検索関係)
#word =                 0x00000001;
#casesense =            0x00000002;
#nocasesense =          0x00000000;
#regular =              0x00000010;
#noregular =            0x00000000;
#fuzzy =                0x00000020;
#hilight =              0x00003800;
#nohilight =            0x00002000;
#linknext =             0x00000080;
#loop =                 0x01000000;

//searchoption(マスク関係)
#maskcomment =          0x00020000;
#maskifdef =            0x00040000;
#masknormal =           0x00010000;
#maskscript =           0x00080000;
#maskstring =           0x00100000;
#masktag =              0x00200000;
#maskonly =             0x00400000;
#fEnableMaskFlags =     0x00800000;

//searchoption(置換関係)
#fEnableReplace =       0x00000004;
#ask =                  0x00000008;
#noclose =              0x02000000;

//searchoption(grep関係)
#subdir =               0x00000100;
#icon =                 0x00000200;
#filelist =             0x00000040;
#fullpath =             0x00000400;
#outputsingle =         0x10000000;
#outputsametab =        0x20000000;

//searchoption(grepして置換関係)
#backup =               0x04000000;
#preview =              0x08000000;

#fEnableSearchOption2 = 0x80000000

//searchoption2
#unmatch =              0x00000001;
#incolormarker =        0x00000002;
#fGrepFormColumn =      0x00000008;
#fGrepFormHitOnly =     0x00000010;
#fGrepFormSortDate =    0x00000020;
//searchdown "test", word, casesense;

#word = 0x00000001;
#casesense = 0x00000002;
setsearch "test", (#word | #casesense);
finddown;

js{
  word = 0x00000001;
  casesense = 0x00000002;
  setsearch( "test", (word | casesense) );
  finddown();
}