freedll文(Ver8.91対応版)
目次DLL呼び出し機能− freedll文
loaddllしたDLLを解放します。
freedllしないままマクロを終了すると、ロードしたdllはそのままロードされたままになります。

freedll文にパラメータを付けない場合、loaddll文で読み込んだDLLを解放します。
例: freedll;

freedll文に識別値のパラメータを付けると、loaddll関数で読み込んだDLLを解放します。
例: freedll #dll;