strstr( s1, s2 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− strstr( s1, s2 ) 関数
 s1からs2を検索し、見つかった場合はその位置を返します。
 先頭が0です。見つからなかった場合は-1を返します。
 返す値は数値型です。

 第3パラメータに数値を指定すると、s1の先頭の0から数えたどの位置から検索するかを指定することができます。(V8.00以降)

 xキーワードの数え方と、文字列内の位置の数え方は違うので注意が必要です。

 参考:
 正規表現で検索する場合はHmJre.dllのFindRegular等の関数があります。
 詳細はHmJre.dllのヘルプを参照してください。