English help on website



encode(Ver9.24対応版)
目次内部的な値を表現するキーワード各種状態関連キーワード− encode
encodeキーワードは、現在のエンコードの種類と改行を表します。(V6.50以降)

charsetキーワードと同じ意味です。
ビット0〜ビット5(encode & 0x3F した値)が文字コードです。
V3.xxまでは新規作成直後の値がありましたが、V4.xx以降より新規作成後のエンコードの種類が設定できるようになったのに伴い、実際には 0 になることはありません。
0  新規作成直後
1  Shift-JIS
2  Unicode(UTF-16)
3  EUC
4  JIS
5  UTF-7
6  UTF-8
7  Unicode (UTF-16,Big-Endian)
8  欧文
9  簡体字中国語
10 繁体字中国語
11 韓国語
12 韓国語(Johab)
13 中央ヨーロッパ言語
14 バルト語
15 ギリシャ語
16 キリル言語
17 シンボル
18 トルコ語
19 ヘブライ語
20 アラビア語
21 タイ語
22 ベトナム語
23 Macintosh
24 OEM/DOS
25 その他
26 バイナリモード
27 Unicode(UTF-32) (V8.00以降)
28 Unicode(UTF-32,Big-Endian) (V8.00以降)
ビット6が1の場合、改行=LF (encode & 0x40)
ビット7が1の場合、改行=CR (encode & 0x80)
ビット6と7が共に0、または共に1の場合は改行=CR+LF (encode & 0xC0)


以下はopenfile等の予約語パラメータに似た変数名に設定しておく例です。
//openfile等のencode相当
#sjis = 0x01;
#utf16 = 0x02;    //unicode
#euc = 0x03;
#jis = 0x04;
#utf7 = 0x05;
#utf8 = 0x06;
#utf16_be = 0x07; //unicode_be
#euro = 0x08;
#gb2312 = 0x09;
#big5 = 0x0A;
#euckr = 0x0B;
#johab = 0x0C;
#easteuro = 0x0D;
#baltic = 0x0E;
#greek = 0x0F;
#russian = 0x10;
#symbol = 0x11;
#turkish = 0x12;
#hebrew = 0x13;
#arabic = 0x14;
#thai = 0x15;
#vietnamese = 0x16;
#mac = 0x17;
#oem = 0x18;
#default = 0x19;
#utf32 = 0x1B;
#utf32_be = 0x1C;
#binary = 0x1A;
#lf = 0x40;
#cr = 0x80;

//saveasの他のオプションの数値指定
#bom = 0x0600;
#nobom = 0x0400;
#selection = 0x2000;

//openfileの他のオプションの数値指定
#noaddhist = 0x0100;
#ws = 0x0800;
#wb = 0x1000;

                                                

//openfile @"c:\folder\test.txt", utf8, noaddhist;

#utf8 = 0x06;
#noaddhist = 0x0100;
openfile @"c:\folder\test.txt", (#utf8 | #noaddhist);
js{
  //openfile等のencode相当
  sjis = 0x01;
  utf16 = 0x02;    //unicode
  euc = 0x03;
  jis = 0x04;
  utf7 = 0x05;
  utf8 = 0x06;
  utf16_be = 0x07; //unicode_be
  euro = 0x08;
  gb2312 = 0x09;
  big5 = 0x0A;
  euckr = 0x0B;
  johab = 0x0C;
  easteuro = 0x0D;
  baltic = 0x0E;
  greek = 0x0F;
  russian = 0x10;
  symbol = 0x11;
  turkish = 0x12;
  hebrew = 0x13;
  arabic = 0x14;
  thai = 0x15;
  vietnamese = 0x16;
  mac = 0x17;
  oem = 0x18;

  utf32 = 0x1B;
  utf32_be = 0x1C;
  binary = 0x1A;
  lf = 0x40;
  cr = 0x80;
  
  //saveasの他のオプションの数値指定
  bom = 0x0600;
  nobom = 0x0400;
  selection = 0x2000;
  
  //openfileの他のオプションの数値指定
  noaddhist = 0x0100;
  ws = 0x0800;
  wb = 0x1000;
}

js{
  utf8 = 0x06;
  noaddhist = 0x0100;
  openfile( "c:\\folder\\test.txt", (utf8 | noaddhist) );
}