gettabhandle( n1, n2, n3 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− gettabhandle( n1, n2, n3 ) 関数
 タブモードのとき、各タブのウィンドウハンドルを取得します。(V5.00以降)
 グループとタブの順番を指定して、二次元配列を扱うかのように取得することができます。

 n1は、n2の値がグループの順番かどうかを指定します。
 n1が0のとき、n2はグループIDを示します。
 n1が1のとき、n2はグループの順番を示します。
 n3は、グループ内のタブの順番を示します。
 返す値は、秀丸エディタのウィンドウハンドルです。

 参照:秀丸エディタ管理(タブ編)