gettitle( n1 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− gettitle( n1 ) 関数
 キャプションや見出しバーなどを取得します。(V7.00以降)
 n1にはどのような情報を取得するかを指定します。

  0 キャプション(タイトルバー)
  1 ステータスバー
  2 見出しバー
  3 タブモードのタブ名
  4 アウトライン解析の枠の対応する見出し名

 返す値は文字列です。

 1の場合はステータスバーの内容ですが、ステータスバーをファンクションキーと分離したときの一番左側の領域の内容になります。
 URLの上にカーソルがあるときや、
 title "文字列", 1;
 などをしないと通常は空のままです。

 2は見出しバーに見出しが表示されているときの内容です。
 「(見出し無し)」の場合は空になります。

 3はタブモードでないと空になります。

 4はアウトライン解析されていないと空になります。

 第2パラメータを指定すると他の秀丸エディタの情報を取得できます。(V8.90以降)
 値の指定の仕方は、秀丸エディタ管理のウィンドウ番号や、ウィンドウハンドルを指定できます。
 例:$a=gettitle(0,1);
 例:$a=gettitle(0,#handle);

 参照:title