English help on website



浮動小数点数モード(Ver8.97対応版)
目次− 浮動小数点数モード
 setfloatmodeを実行することにより、浮動小数点数の計算ができます。
 通常版ではこの文は使えません。
 浮動小数点数版(統合版)でこの文を使うことができます。


浮動小数点数版(統合版)について

浮動小数点数版(統合版)は、普段は通常版と全く同じように使っていただけます。
通常版のマクロを実行する上での完全な互換性があります。

マクロ先頭にsetfloatmode 1;と書くことで、浮動小数点数の動作になります。
書かなければ、通常版と同じ動作になります。


従来から、通常版とは別に浮動小数点数バージョンがありました。
浮動小数点数版(統合版)は、従来の浮動小数点数バージョン(V6.50未満)のマクロ仕様を変更して互換性を高めたものです。