English help on website



input( s1, s2 ) 関数(Ver8.97対応版)
目次関数− input( s1, s2 ) 関数
s1をメッセージとして表示し、ユーザから文字列を入力してもらい、それをそのまま返します。s2は、デフォルトの値としてユーザが入力するエディットコントロールの中に最初から表示されます。
s2は省略できます。
返す値は文字列型です。

OKするとresultはtrueになります。
キャンセルするとresultはfalseになります。



第3パラメータ以降を指定して、ダイアログを出す位置を指定することができます。(V8.85以降)
値の意味は以下の通りです。

 0x00 通常(省略と同じ)
 0x01 画面中央
 0x02 画面左上からの位置
 0x03 画面右上からの位置
 0x04 画面左下からの位置
 0x05 画面右下からの位置
 0x06 カーソル位置
 0x11 ウィンドウ中央
 0x12 ウィンドウ左上からの位置
 0x13 ウィンドウ右上からの位置
 0x14 ウィンドウ左下からの位置
 0x15 ウィンドウ右下からの位置

第4パラメータ、第5パラメータは位置をx,y座標で指定します。
値はDPIが100%のときのピクセル単位で、DPIが200%のときは指定の2倍の値のピクセル数になります。
第3パラメータで左上/右上/左下/右下からの位置を指定しているときに、第4パラメータ、第5パラメータが使われます。

例:
$a=input( "入力してください", "", 0x01 ); //画面の中央
$a=input( "入力してください", "", 0x15, 100, 50 ); //ウィンドウ右下からの位置