English help on website



カーソル移動系文(Ver9.30対応版)
目次− カーソル移動系文
カーソル移動系の文として、以下のものがあります。
命令    機能(コマンド)

up    カーソル上

down    カーソル下

right    カーソル右

left    カーソル左

up_nowrap    カーソル上(折り返し無視) (V9.16以降)

down_nowrap    カーソル下(折り返し無視) (V9.16以降)

shiftup    Shiftを押しながらカーソル上

shiftdown    Shiftを押しながらカーソル下

shiftright    Shiftを押しながらカーソル右

shiftleft    Shiftを押しながらカーソル左

gofileend    ファイルの最後に移動

gofiletop    ファイルの先頭に移動

gokakko    対応する括弧に移動

golastupdated    最後に編集した所に移動

goleftkakko    '{'に移動

gorightkakko    '}'に移動

golinetop    行頭に移動

golinetop2    論理行頭に移動

golineend    行末に移動

golineend2    論理行末に移動

golineend3    行末に移動(その2) (V5.05以降)
表示行の最後に移動します。「行末に移動」とは違い、折り返しがあるとき、カーソル位置は行末の文字の右側に来ます。

goscreenend    画面の最後に移動

goscreentop    画面の先頭に移動

jump    指定行に移動のダイアログを出す

moveto    任意の位置へのカーソル移動

movetolineno    任意の位置へのカーソル移動

movetoview    任意の位置へのカーソル移動

moveto2    任意の位置へのカーソル移動

nextpage    次ページ

prevpage    前ページ

halfnextpage    半次ページ

halfprevpage    半分前ページ

rollup    スクロールアップ

rollup2    スクロールアップ2(カーソルは見た目上の同じ位置)

rolldown    スクロールダウン

rolldown2    スクロールダウン2(カーソルは見た目上の同じ位置)

wordleft    単語左(V6.50未満との互換の動作)

wordleft2    単語左(V6.50以降の動作) (wordleft2文はV7.09以降でサポート)

wordright    単語右(V6.50未満との互換の動作)

wordright2    単語右(V6.50以降の動作) (wordright2文はV8.50以降でサポート)

wordrightsalnen    単語右(サルネン風) (V6.50未満との互換の動作)

wordrightsalnen2    単語右(サルネン風) (V6.50以降の動作) (wordrightsalnen2文はV8.50以降でサポート)

gowordtop    単語の先頭に移動(V6.50未満との互換の動作)

gowordend    単語の最後に移動(V6.50未満との互換の動作)

gowordtop2    単語の先頭に移動(V6.50以降の動作)

gowordend2    単語の最後に移動(V6.50以降の動作)

prevpos    前のカーソル位置

prevposhistback    前のカーソル位置(戻る) (V8.90以降)

prevposhistforward    前のカーソル位置(進む) (V8.90以降)

setmark    現在行をマーク/マーク解除

clearallmark    マークを全て解除、現在のファイルのマークを解除

marklist    マーク一覧

nextmark    マーク行の下検索

prevmark    マーク行の上検索

prevfunc    上の強調行に移動

nextfunc    下の強調行に移動

nextresult    次の結果(V8.00以降)

prevresult    前の結果(V8.00以降)

gotagpair    対応するタグに移動(V8.00以降)

backtab    タブ後退(V8.00以降)
パラメータで移動する量を指定できます。省略すると1と同じです。(V9.22以降)

forwardtab    タブ前進(V8.00以降)
パラメータで移動する量を指定できます。省略すると1と同じです。(V9.22以降)

right, left, up, downは、beginselをしてからendselするまでの間では、選択状態のままカーソル移動します。
endselをした後は、right, left, up, downをすると選択状態は解除されます。

一方で、gofiletop, gofileend, movetoなどカーソルが直接どこかに移動する文は、endselをしたかどうかに関わらず、選択状態のままカーソル移動します。
常に選択を解除した状態にするには、escape文を使ってください。

各種単語関係の文で、"V6.50未満との互換の動作"と書かれている部分は、V6.50未満の動作のまま、互換性を維持しているものになります。
例えば、V6.50未満では、Unicodeのアルファベットにアクセント記号が付いた文字は含めなかったり、ひらがなカタカナ間の長音記号(アアーああ)がwordleftとwordrightで境界が違ったりしてしまっています。
そういったことの改善をしていかず放置しているものがV6.50未満との互換の動作になります。