gettagsfile( n1 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− gettagsfile( n1 ) 関数
 tagsファイルのファイル名をフルパスで取得します。(V4.10以降)
 tagsファイルが複数指定されている場合は、n1に0からはじまる番号を指定します。
 動作環境で上の階層もチェックするようになっている場合は、上の階層をチェックして存在するファイルのフルパスを返します。
 ファイルが存在しない場合は、なにもない文字列を返します。
 返す値は文字列型です。