exit文
目次ファイル系文− exit文

 exit文は、「終了」をします。

 exit文を実行すると、マクロもいっしょに終了します。

 秀丸エディタを終了させてもマクロは続行したい場合はsetactivehidemaruclosehidemaruを使う必要があります。
 exitは、[動作環境]→[ファイル]→[保存]→[保存するかどうかの確認]の「無題で更新されていて、内容が空のとき」のチェック状態に関わらず、無題でファイルが空の場合は、確認のメッセージボックスは出ません。

 自動起動マクロの「ファイルを閉じる直前」が設定されている場合、マクロ終了後に実行されます。