seterrormode( n1, n2 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− seterrormode( n1, n2 ) 関数
 seterrormode文の関数版です。(V8.00以降)
 seterrormode文と同じですが、設定すると同時に直前の値を知ることができます。


参照:
 seterrormode文
 disableerrormsg, enableerrormsg文