English help on website



createobject関数(Ver8.97対応版)
目次COMの呼び出しcreateobject関数− C++等のネイティブコード
管理者による登録なしでの作成(C++等のネイティブコード)(アンマネージ)

一般的にC++で作成される自作したCOMオブジェクトは、通常は、管理者権限でregsvr32.exeを通じてあらかじめ登録する必要があります。
V8.96以降では、第1パラメータにDLLファイル名、第2パラメータにCLSIDを記述することで、登録なしでCOMオブジェクトを作成することができます。
対応できるインターフェイスはIDispatch(またはデュアルインターフェース)である必要があります。
例:
#obj=createobject(@"C:\Folder\Hmpv.dll","{609E0957-143D-45CB-986E-5365B7A3ED26}");
例:
#obj=createobject(@"C:\Folder\Hmpv64.dll","{609E0957-143D-45CB-986E-5365B7A3ED26}");