アウトライン関連キーワード(Ver8.79対応版)
目次内部的な値を表現するキーワード− アウトライン関連キーワード
 アウトライン関連のキーワードは、V6.00より使うことができます。


foldable    カーソル行が折りたたみ可能かどうかを表します。
 値は、fold文のパラメータに指定できる折りたたみ可能な条件の値と同じ値になります。
 括弧を付けて条件を指定して関数のように扱うこともできます。
if( foldable( 0x0002 ) ) fold;//インデントによる折りたたみが可能な場合だけ折りたたみ

folded    カーソル行が折りたたみされているかどうかを表します。0か1です。

rangeedittop    部分編集されているとき、部分編集されている先頭の行のy座標を表します。

rangeeditend    部分編集されているとき、部分編集されている最後の行のy座標を表します。

rangeeditmode    部分編集されているかどうかを表します。以下の値のOR演算された値になります。

0x01    部分編集中

0x02    範囲選択による部分編集中

0x04    ローカル編集モード


outlinehandle    アウトライン解析の枠のウィンドウハンドルを表します。(V8.00以降)
 コマンドを送ることができます。(下記コマンド値一覧参照)
 例:
 #ret=sendmessage(outlinehandle,0x111/*WM_COMMAND*/,7119,0); //7119=枠内の検索

outlinesize    現在のアウトライン解析の枠の幅(左右の場合)または高さ(上下の場合)をピクセル単位で表します。(V8.75以降)


 参照:アウトライン系文
 参照:gettitle関数(対応する見出しを取得)


アウトライン解析の枠のコマンド値一覧

7122 関数一覧
7124 強調一覧
7152 ツリー表示 - 通常
7153 ツリー表示 - 分類

7119 枠内の検索
7121 範囲選択
7135 下候補(V8.66以降)
7136 上候補(V8.66以降)
7141 枠を閉じる
7142 コピー
7143 切り抜き
7144 貼り付け
7145 行番号
7163 検索文字列を含む見出しを強調
7165 アウトライン解析の設定
7166 最新の情報に更新

7131 位置:左
7132 位置:右
7133 位置:上
7134 位置:下
7102 位置:浮かせる

7146 関数一覧:パラメータ

7125 強調一覧:行の強調1
7126 強調一覧:行の強調2
7127 強調一覧:特に強調1
7128 強調一覧:特に強調2
7129 強調一覧:URL/Email
7130 強調一覧:ファイル名
7147 強調一覧:行の強調3
7148 強調一覧:行の強調4
7149 強調一覧:特に強調3
7150 強調一覧:特に強調4

7167 ツリー表示:この見出しだけのレベルを上げる
7168 ツリー表示:この見出しだけのレベルを下げる
7169 ツリー表示:下位レベルも含めて上移動
7170 ツリー表示:下位レベルも含めて下移動
7171 ツリー表示:ツリーそのものをコピー
7172 ツリー表示:表示方向横書き
7173 ツリー表示:表示方向縦書き
7174 ツリー表示:表示方向自動
7180 ツリー表示:全て展開
7181 ツリー表示:レベル1まで展開
7182 ツリー表示:レベル2まで展開
7183 ツリー表示:レベル3まで展開
7184 ツリー表示:レベル4まで展開








戻る