English help on website



getfiletime( s1 ) 関数(Ver9.24対応版)
目次関数(その他関数)− getfiletime( s1 ) 関数
getfiletime関数は、ファイルの更新日時などの情報を取得します。(V9.12以降)
パラメータ1(文字列型)
ファイルのパスを指定します。

パラメータ2(数値型、省略可能)
省略するか0の場合は、更新日時を取得します。
1の場合は、作成日時を取得します。
2の場合は、アクセス日時を取得します。

パラメータ3(文字列型、省略可能)
取得した結果を文字列で表すための書式を指定します。
省略した場合は、"YYYY-MM-DD hh:mm:ss"という書式になります。

返り値(文字列型)
文字列として日時の情報を返します。


$s = getfiletime( @"c:\folder\test.txt", 0, "YYYYMMDD" );
message $s;
書式は以下のようになります。
YYYY 年(西暦)を4桁で返す
YY 年(西暦)を2桁で返す(例:2001年なら01)
平成Y 年を和暦で返す
M 
D 
W 何曜日か(月、火、…)
EM 月を英語3文字で(Jan、Feb、Mar、…)
EW 何曜日かを英語3文字で(Sun、Mon、Tue、…)
h 
m 
s 
i 午前か午後かを、「AM」または「PM」のような形式で
j 午前か午後かを、「午前」または「午後」のような形式で
k 時を12時間単位で(例えば午後2時なら14ではなく、2を返す)
M、D、h、m、s、kについて
例えば「MM」と指定すると、例えば1月の場合に「01」を返すようになります。「 M」のように半角空白と組み合わせて指定すると、値が2桁になった時にその空白部分に数字を埋めるようになります。
例えば、「YY/ M/ D」と指定すると、2000年1月1日の場合に「00/ 1/ 1」と返り、12月31日の場合には「00/12/31」となります。
「平成Y」について、文字列の途中に"平成"という文字列があると、それを見つけた所以降から、「Y」または「YY」は和暦の値を返す動作になります。なので、例えば「YYYY平成YY」と書くと、最初の4桁のYYYY部分は西暦になって、後のYYは和暦になります。
現在の日付がもしかして平成じゃなくて昭和になってる場合は、"平成"と書いた部分が自動的に"昭和"になって返ってきます。