English help on website



openfile文など
目次ファイル系文− openfile文など

以下の文はパラメータでファイル名を指定してください。ダイアログボックスは出ません。
openfile ファイルを開く
loadfile ファイルを閉じて開く
insertfile カーソル位置への読み込み
readonlyopenfile 書換え禁止でファイルを開く
readonlyloadfile 書換え禁止でファイルを閉じて開く

openfile "ABC.TXT";
openfile文は、エンコードの種類(文字コード)と改行コードの形式を同時に指定することができます。パラメータは以下のようにコンマで区切って必要なものを指定してください。
insertfile文もopenfileと同様にパラメータを指定できます。(V5.10以降)
loadfile, readonlyopenfile, readonlyloadfile文も、openfileと同様にパラメータを指定できます。(V5.11以降)
openfile ファイル名 [,sjis | unicode | euc | jis | utf7 | utf8 | euro | gb2312 | big5 | euckr | binary] [,noaddhist]
エンコード(文字コード/ファイル形式)の指定は以下の通りです。
sjis   Shift-JIS(通常のファイル形式)
unicode Unicode(UTF-16)
euc   EUC
jis   JIS
utf7   Unicode(UTF-7)
utf8   Unicode(UTF-8)
euro   欧文
gb2312  簡体字中国語
big5   繁体字中国語
euckr  韓国語

(以下はV8.00以降)
unicode_be Unicode(UTF-16,Big-Endian)
johab    韓国語(Jahab)
easteuro  中央ヨーロッパ言語
baltic   バルト語
greek    ギリシャ語
russian   キリル言語
symbol   シンボル
turkish   トルコ語
hebrew   ヘブライ語
arabic   アラビア語
thai    タイ語
vietnamese ベトナム語
oem     OEM/DOS
default   その他
utf32    Unicode(UTF-32)
utf32_be  Unicode(UTF-32,Big-Endian)

openfile "ABC.TXT", unicode;

noaddhistを付けるとヒストリに追加せずにファイルを開くことができます。(V5.11以降)
binaryは、バイナリモードを意味します。マクロでは、バイナリモードはエンコードの種類の1つとして扱われます。


Hidemarnet ExplorerでWebページを開く場合、wbまたはwsをパラメータに書くことができます。(V8.00以降)

エラーメッセージや問い合わせを出すかどうかの詳細指定はseterrormodeで指定可能です。

詳しいエラーの状態はgetresultexで取得可能です。


openfile文でワイルドカードの指定

openfile "*.txt" とすると、「ファイルを開く」のダイアログボックスを表示します。

openfile "c:\\folder\\*.txt" のように指定すると、カレントディレクトリまで指定できます。


openfile文で起動オプションの指定

openfileのパラメータには、 hidemaru.exeを起動するオプション がそのまま指定できます。
openfileのパラメータには、 hidemaru.exeを起動するオプション がそのまま指定できます。

openfile "/r " + $filename とすると、readonlyopenfileと同じになります。

openfile "" とすると、newfileと同じになります。

openfile "/(0,0,100,100)" とすると、0,0〜100,100のサイズの秀丸エディタが起動されます。

"/f数字" オプションを指定することで、エンコードの種類を数値で指定できます。たとえばキリル言語の場合は、openfile "/f16 " + $filename;と指定します。数字は、encodeキーワード(charsetキーワード)の値と同じです。

openfile "/h " + $filename とすると、秀丸エディタがステルスモードになり、画面から見えなくなり、マクロの実行が高速になる場合があります。
openfile "/h" とファイル名を指定しなければ新規作成状態の見えない秀丸エディタが起動します。
画面の書き換えが無くなる分高速になりますが、Hidemaru.exeの起動や終了などが頻繁に行われることで逆効果となる場合もあるので、状況に応じて使い分けてください。

見えなくなった秀丸エディタはマクロの中で終わらせてあげてください。現在のバージョンでは、終わらせないままマクロを終了すると自動的にステルス解除されます。以前のバージョンでは自動的にステルス解除しないようになっていました。

openfile "/x" でマクロを実行しようとしてもエラーになるので注意してください。