セル内改行の変換(Ver8.91対応版)
目次そのほかのコマンド− セル内改行の変換
TSV/CSVモードに切り替えたとき、セル内の改行が検出されると、ウィンドウ上部にメッセージのバーが現れます。

ダブルクォーテーションで括られたセル内の改行文字を、改行せずにセルに収まるように変換することができます。
変換方法は、半角の矢印にする方法と、特殊な改行にする方法があります。

●半角の矢印に変換
セル内の改行文字を、半角の矢印に変換します。
コピー貼り付けでも矢印のままです。
検索は、矢印の文字として検索できます。
保存時には、矢印を改行コードに逆変換するモードとして動作するようになります。
半角の矢印は以下の3種類あって、改行コードによって違います。

●半角の矢印に変換
見た目では改行しない、特殊な改行文字に変換します。
コピー貼り付けをすると、通常の改行として改行されます。
特殊改行は検索できません。
マクロや変換モジュールで都合が悪い場合があります。

改行コードが混在する場合、以下の設定もするといい場合があります。
[ファイルタイプ別の設定]→[デザイン]の改行文字のプロパティにある、「改行コードを区別して表示」をONにすると、区別して表示されます。
[動作環境]→[編集]の「改行コードを区別する」をONにすると、コピー貼り付けで改行コードの混在を維持します。

変換を行った後は、やり直し(アンドゥ)はできないので注意が必要です。