English help on website



マクロ登録(Ver9.00対応版)
目次− マクロ登録
対象
マクロのグループまたは自動起動を選択します。
マクロは10個ごとにグループ分けされています。

グループ名
マクログループごとの名前を指定します。ここで指定した名前は「マクロ」メニューに表示されます。1〜10のグループについてはマクロメニューに直に表示されるため、グループ名は指定できません。
グループ名を省略した場合は、そのグループはマクロメニューに表示されなくなります。
英数字の前に「&」を書くと、その次の文字がマクロメニューで表示されたときのサブメニュー選択のキーになります。(例:「マクロ11以降(&Z)」でZキー)

タイトル
各マクロのメニューに表示するタイトルです。
英数字の前に「&」を書くと、その次の文字がマクロメニューで表示されたときのメニュー選択のキーになります。(例:「テストマクロ(&A)」でAキー)

ファイル名
マクロファイル名を指定します。
ファイル名は、マクロ用のフォルダからの相対パスを指定できます。
ファイル名の上限は半角で259文字までです。
環境変数を%記号で囲んで記述することができます。(V8.98β7以降)

上へ/下へ
現在選択中の項目を上または下の項目と入れ替えます。
「モード>>」ボタンの「キー割り当ての入れ替えを許可」をONにすると、キー割り当てとメニュー編集の内容も入れ替わります。

マクロファイル用のフォルダ
現在のマクロファイル用のフォルダを表しています。
マクロファイル用のフォルダは、[その他]→[動作環境]→[環境]で指定できます。

モード
「キー割り当ての入れ替えを許可」をONにすると、マクロ登録の一覧にキー割り当てが表示されるようになります。
「上へ」「下へ」ボタンで入れ替えを行うとき、キー割り当ても一緒に入れ替えるようになります。
キー割り当ては、1つのコマンドに重複して割り当てることができますが、一覧に表示されているキー割り当ては、そのうちの1つのみです。
入れ替えは、重複したキー割り当ても、ユーザーメニューも入れ替えます。ツールバーの配置は入れ替えません。
このオプションをONにするときは、[その他]→[キー割り当て]の「保存...」で現在のキー割り当てをバックアップされることをお勧めします。

自動起動マクロ