文字の入力(Ver8.91対応版)
目次基本的なキー/マウス操作− 文字の入力
 文字の入力は、普通に文字のキーを押せばよいのですが、秀丸エディタには「挿入モード」と「上書きモード」があり、モードによって動作が違ってきます。

 Insertキーを押すと、挿入モードと上書きモードが切り替わります。
 カーソルの形が変わるので注意してください。
 挿入モードの場合は、入力した文字は現在の文字カーソル(正確にはキャレットと呼びます)の位置に「挿入」され、上書きモードの場合はすでに書かれている文字の上に上書きされます。
 Enterキーを押すと、挿入モードの場合は改行文字が挿入されますが、上書きモードの場合は「動作環境-カーソル移動」の「上書きモード時のリターン」に応じて動作が変わってきます。

 入力した文字を1文字ずつ削除する場合は、BackspaceキーまたはDelキーを使います。
 Backspaceキーだとカーソルの左側にあるひと文字が削除され、Delキーだとカーソル位置の文字が削除されます。
 (上書きモードのとき、文字入力直後のBackspaceキーは「やり直し」になって、上書きされる前の文字が復元されます)

 まとめて削除する場合は、範囲選択 との組み合わせを使います。