TSV/CSVモードの詳細(Ver8.91対応版)
目次動作環境編集− TSV/CSVモードの詳細
「TSV/CSVモードの詳細」は動作環境として位置づけられており、全般的に影響がある設定です。
タブの文字数がTSVモードかCSVモードのときに意味がある設定です。
タブの文字数は、ファイルタイプ別の設定で指定するか、メニューから[表示]→[タブストップ]より一時的にタブの文字数を変更できます。

タイトル行(区切られていない行)も計算する
行の中にタブ(カンマ)が含まれていないとき、セルとみなすかどうかを指定します。

例:OFFの場合
タイトル行です    
A2 B2 C2
A3 B3 C3
[EOF]
 

例:ONの場合
タイトル行です    
A2 B2 C2
A3 B3 C3
[EOF]
 

行の最後の区切り以降も計算する
タブ(カンマ)で区切られた最後のセルの幅も計算するかどうかを指定します。

例:OFFの場合
A1 B1 C1    
A2 B2 最後の区切り
A3 B3 C3 D3
[EOF]
 

例:ONの場合
A1 B1 C1    
A2 B2 最後の区切り
A3 B3 C3 D3
[EOF]
 

挿入で自動調整
文字の入力や一行内の貼り付けをしたときセルの幅を自動調整するかどうかを指定します。
このときは行内のセルの拡張だけが計算されるので、高速です。

削除/改行/タブ挿入で自動調整(全行)
削除,改行の挿入,改行が含まれる貼り付け,タブ(カンマ),ダブルクォーテーションの挿入のとき、セルの幅を自動調整するかどうかを指定します。
このときは最適な幅を計算するにはファイル全体を計算しなおす必要があるので、時間がかかります。
「全行の自動調整の遅延時間」で編集後、時間を遅らせて計算させることができます。
このオプションをOFFにした場合、「列の幅のテキスト幅揃えを更新」コマンドを手動で実行することで全行の計算をし直すこともできます。



ダブルクォーテーションについて
TSVモードかCSVモードを参照してください。

セル内の改行について
TSVモードかCSVモードを参照してください。