ファイルマネージャ枠(Ver8.91対応版)
目次ウィンドウ系コマンド− ファイルマネージャ枠

注意:
 ファイル一覧/フォルダ/フォルダ+ファイル一覧モードは、Windowsエクスプローラのようにフォルダ構成が変化したときの自動反映は実装されていません。
 変化があった場合、「最新の情報に更新」(枠内でF5キー)をしてもらう必要があります。
 他にもWindowsエクスプローラとは同じ動作ではない部分があり、あくまで秀丸エディタ用の簡易的なものとして使っていただくためのものです。
 本当のファイル操作などはWindowsエクスプローラでされることをお勧めします。

フォルダ
 フォルダのツリーを表示します。
 Enterまたはダブルクリックで、そのフォルダのファイル一覧モードへ切り替わります。
 「ファイル表示」を「すべて」または「ワイルドカード」にしておくと、ツリーの中にファイルを表示させることもできます。
 「ワイルドカード」は、[動作環境]→[ファイル]の「最初のワイルドカード」が適用されます。

ファイル一覧
 フォルダ内のファイルの一覧を表示します。
 フォルダを選びなおす場合は、ツールバーの「フォルダ」ボタンを押すとフォルダモードへ切り替わります。

フォルダ+ファイル一覧
 フォルダツリーとファイル一覧の両方を表示したものです。

ヒストリ
 ヒストリを表示します。

ウィンドウ一覧
 ウィンドウ一覧を表示します。

ブックマーク
 ブックマークを表示します。

プロジェクト
 ブックマークと似ていますが、プロジェクトファイルから読み込みます。
 プロジェクトは、追加したりした後は、すぐに保存するようにしてください。
 保存しないまま終わらせると、保存の問い合わせが出ないままいきなり終了してしまいます。
 または、「詳細...」より、「プロジェクトの編集で即保存する」をONにしておくことですぐに保存させることもできます。
 プロジェクトファイルの.hmbookはテキストファイルとして編集できます。
 形式はブックマークの保存と同じになっています。
 参考:ブックマーク


 ブックマークは合計で約16KBまたは1000個までの上限があります。
 ファイルマネージャ枠で使うプロジェクトはサイズの上限なし、個数は30000個までです。(V8.69時点)

参照:ファイルマネージャ枠の詳細