マクロ読み込み時のエラー(Ver8.91対応版)
目次− マクロ読み込み時のエラー
マクロを実行するとき、文法をうまく解釈できないと読み込み時の段階でエラーが出ることがあります。

エラーの例:
filename.mac(123):文法エラーです。

文: xxxxx

filename.mac(123):式がおかしいです。

キーワード/関数/式: xxxx

文を解釈するときにエラーがあると、上のエラーメッセージが出ます。
関数/キーワードを解釈するときにエラーがあると、下のエラーメッセージが出ます。
ファイル名の後の()の数値は行番号を表します。
「文: 」や「キーワード/関数/式: 」の後には、該当するエラー箇所の内容が表示されます。
エラーの原因は、該当する行ではなく、前の行にあることもあるので注意が必要です。

エラーになりやすいマクロの例:

●新しいバージョンのマクロが古い秀丸エディタで実行されている。
この場合、未知の文やキーワードなどでエラーになります。
「文: 」や「キーワード/関数/式: 」に書かれている内容が参考になります。

●セミコロンが無い
deleteline
#a=1;
古いバージョンではパラメータが無かったものが、新しいバージョンではパラメータを付けられるようになった文があります。
deleteline #a=1;
として解釈され、エラーになります。
行番号や「文: 」や「キーワード/関数/式: 」に書かれている内容は参考にならないことがあるので注意が必要です。

●セミコロンがコロンになっている
message searchbuffer:
見た目では気づかないことがあります。

●""の対応が合っていない
insert "aaa;
insert "aaa\";
\の直後の"は文字列として扱われるので注意が必要です。