保存・読み込み(Ver8.91対応版)
目次ファイルタイプ別の設定その他− バックアップ
バックアップファイルの作成
保存するときにバックアップファイルを作成するかどうかを指定します。
バックアップファイルを作成する場所、拡張子の付け方は、「動作環境を使用」にしている場合は動作環境で設定します。
「個別設定を使用」にしている場合は、詳細ボタンから設定します。

「高速バックアップ」がONの場合、ファイルのコピーは行わずファイル名を変更してバックアップファイルを作成します。保存するファイルは新しいファイルとして作成されます。ファイルの属性は維持されません。
「高速バックアップ」がOFFの場合、ファイルのコピーをしてバックアップファイルを作成します。保存するファイルは上書きして、ファイルの属性は維持されます。

「世代バックアップ」がONの場合、複数のバックアップファイルを作成します。何回か前の保存した内容までバックアップが取られるようになります。
回数は、「動作環境を使用」にしている場合は動作環境で設定します。
「個別設定を使用」にしている場合は、詳細ボタンから設定します。