比較(Ver8.91対応版)
目次動作環境その他のコマンド− 比較
ここの設定は、上級者向け設定をONにすると設定できます。
他の秀丸エディタとの内容比較
比較対象のダイアログを常に出す
 [ウィンドウ]-[他の秀丸エディタとの内容比較]を選ぶとき、他の秀丸エディタが1つしかないときは自動的に比較が始まりますが、これをチェックすると、自動的に比較は始まらず、常にダイアログが出るようになります。

空白とタブは無視して比較する
 これをチェックしておくと、空白とタブを無視して比較します。
 空白とタブを同一視し、空白とタブの数が違っていても同一とみなします。
 「カラーマーカーで色付け」がONの場合は、このオプションは使えません。

空行を無視
 これをチェックしておくと、改行だけの行や空白だけの行を無視して比較します。
 「カラーマーカーで色付け」がONの場合は、このオプションは使えません。

大文字/小文字の区別
 これをチェックしておくと、大文字と小文字を別の文字と見なして比較します。

カラーマーカーで色付け
 比較して、カーソル以降の異なる部分をカラーマーカーで色付けします。
 カーソルよりも前の部分は色付けしません。
 このオプションがONのときは、「空白とタブは無視して比較する」と「空行を無視」のオプションは使えません。
 一度比較が行われた後は、「次の内容比較」「前の内容比較」または「次の結果」「前の結果」コマンドで異なる場所に移動できます。

 「...」ボタンより、色付けの方法を指定できます。
 初期状態では「一時的なカラーマーカー」の色を引き継いでいますが、一度指定すると「一時的なカラーマーカー」とは別の色として記憶されます。

 両方OFFの場合は、1行〜複数行の異なる部分を1つのブロックにして、ブロックのうち、先頭と最後の一致している部分は色付けしないようになります。
 2行以上連続している場合は、先頭と最後の一致を除いてまとめて複数行色付けされます。
例:
First line
Second line
Third line
  Fir違st line
Seco違nd l違ine
Thi違rd line

 「常に行単位」をONにすると、違いがある行の行頭から行末まで色が付くようになります。
 複数行が連続している場合は、1つのブロックとして扱われます。
例:
First line
Second line
Third line
  Fir違st line
Seco違nd l違ine
Thi違rd line

 「同じ行数の違いの場合、各行の先頭末尾を除外」をONにすると、違いがある行の先頭部分と末尾部分が一致している場合は色付けせず、行内の違いがある部分だけを色付けします。
 複数行が連続している場合は、違いが同じ行数であれば、一行ごとに先頭と末尾をチェックします。
例:
Fir st line
Second line
Thi rd line
  First line
Seco違nd l違ine
Third line
例2:(行数が違う場合は両方OFFと同じになります)
First line
Second line
Third line
  Fir違st line
Seco違nd l違ine
Insert line
Thi違rd line


常にファイル先頭から比較
 ONにしておくと、常にファイル先頭から比較します。
 OFFにしておくと、カーソル位置からの比較をします。


他の秀丸エディタと同時スクロール
片方からのみの同時スクロールの場合、同時にカーソル移動する
 片方から他の秀丸エディタと同時スクロールを指定して、相手からは指定されないとき、カーソル上下左右の移動で、相手側も移動するようにします。
 すべてのカーソル移動を同時にするわけではなく、上下左右など、ごく基本的な操作のみ移動します。
 相互に同時スクロールしている場合は働きません。