範囲選択(Ver8.91対応版)
目次基本的なキー/マウス操作− 範囲選択
 秀丸エディタでは、文字をまとめて編集したりクリップボードにコピーするために、まず目的の文字列を範囲選択する必要があります。

 範囲選択する方法は、一般的なWindowsアプリと同様です。Shift+カーソル移動する方法と、マウスでドラッグする方法があります。

 キーボードで範囲選択するには、選択したい範囲の先頭または最後にカーソル移動してから、もう片方までの位置までShiftキーを押さえながらカーソル移動します。
 例えばCtrl+Fが「単語右」である場合、Ctrl+Shift+Fで「範囲選択しながらの単語右」になります。ただし、別途Ctrl+Shift+Fに何かキー割り当てされている場合は別です。
 Shiftキーを押さえながら、Home,End,Ctrl+Home,Ctrl+Endなどのカーソル移動コマンドを使うこともできます。例えば、現在位置から行末までを範囲選択するにはShift+Endを入力します。

 マウスで範囲選択する場合、Shift+左ボタンで現在のカーソル位置からマウスカーソルの位置までを一気に選択することもできます。

 秀丸エディタには、これらの一般的なWindows風の範囲選択のほか、一般的なエディタ風の範囲選択もできるようになっています。 一般的はエディタでは、まず「選択開始」コマンドを実行してから普通にカーソル移動するという手順になっています。秀丸エディタにはこの「選択開始」をキーやメニューに割り当てることができるようになっています。
 Escキーを押せば範囲選択状態を解除することができます。

 すべてを選択したい場合は「すべてを選択」コマンドで一気に選択できます。

 ほかにも「行の選択」や「単語選択(全部)」というコマンドもあります。