設定のリスト(Ver8.91対応版)
目次ファイルタイプ別の設定− 設定のリスト
ファイルタイプ別の一覧上部の「設定のリスト(T)>>」ボタンより、設定名一覧またはファイルタイプ一覧のダイアログに切り替えができます。
このダイアログは、メニューバーの「その他(O)」の配下にある「ファイルタイプ別の設定のリスト...」から表示させることもできます。
([その他(O)]→[メニュー編集(M)...]で変更できます)
設定名一覧
 設定名の一覧より、ファイルタイプ別の設定を呼び出すことができます。
 ここから開く設定は、現在開いているファイルの状態がが「(一時的な設定)」であっても、一時的な設定ではなく、必ず保存される設定が表示されます。
 新しく設定を作ったり削除したりできます。
 設定をどのファイルタイプに割り当てるかは、「ファイルタイプ一覧」のほうで行います。

ファイルタイプ一覧
 ファイルタイプの一覧より、ファイルタイプにどの設定を適用させるかを指定できます。
 ファイルタイプの追加で、拡張子を入力する場合は「ファイルタイプ(拡張子)」の入力欄に、先頭に「.」を入力してから続いて拡張子を入力します。
 ファイルタイプとは一般には拡張子のことですが、「拡張子なし」「grep結果」「実行結果」「Webブラウズモード」「バイナリモード」は拡張子とは別に指定ができます。
 新しい設定を削除したりする場合は「設定名一覧」のほうで行います。


「現在のファイルに一時的に適用」ボタンを押すと、現在開いているファイルに適用して、「(一時的な設定)」の状態になります。
その際、「適用後に閉じる」チェックボックスがOFFのときは、一時的に適用しても設定のリストのダイアログは表示されたままで、幾つかの設定順次確認しながら変更することができます。
「適用後に閉じる」がONのときは、設定にリストのダイアログはすぐに閉じます。



以下はV8.89以下の説明です。

 「設定のリスト」ダイアログは、登録されている設定を追加したり削除したりします。
 共通の設定は削除できません。
新規
 新しい設定を新規に登録します。新規の設定は、「共通」の設定のコピーが作成されます。

コピー
 リストに選ばれている設定を元に、複製された設定を追加します。

削除
 リストに選ばれている設定を削除します。

名前の変更
 リストに選ばれている設定の名前を変更します。