English help on website



キー割り当ての手順(Ver9.00対応版)
目次キー割り当て− キー割り当ての手順
 キー割り当ては、「キーに対するコマンド」として割り当てる方法と、「コマンドに対するキー」を割り当てる方法があります。
 どちらの方法でキー割り当てしても割り当てられる結果は同じになります。

 ここでは、例として「キーに対するコマンド」で、Ctrl+Yに行削除コマンドを割り当てる説明をします。

  1. まずメニューの[その他]→[キー割り当て...]を選びます。
  2. キー割り当てダイアログの上部のタブは「キーに対するコマンド」を選びます。(初期状態は選ばなくてもこちらです)
  3. キーの一覧には、ファンクションキーが現れます。その下のShiftとCtrlとAltはOFFになっています。
    この時点ではA〜Zのアルファベット等はありません。
  4. 目的のキーはCtrl+Yなので、最初にCtrlをONにします。すると、キー一覧にはCtrl+F1などが現れます。
    Ctrl+A〜Zも一覧の中にありますが、画面の下の方にあって見えない状態です。
  5. 一覧をスクロールさせるとCtrl+Yがあるので、それを選択します。
  6. そのキーに「行削除」を割り当てるには、右側の「割り当てるコマンド」の一覧の「行削除」を選択します。
    (「行削除」は「削除系」の分類になります)
  7. OKを押します。

 これで、Ctrl+Yに「行削除」が割り当てられました。

 そのほかの場合も同様の手順で割り当てをします。また、同じコマンドを複数のキーに割り当てることもできます。