連続するキーワードについての警告(Ver8.91対応版)
とりあえず警告メッセージを出さなくする方法について

[その他]→[動作環境...]の「トラブル対策」ページ中の「その他のトラブル対策...」を押して、そこにある

マクロで問題のある文法の警告を出さない

 のオプションをONにしてください。それでこの警告を出さなくすることが出来ます。よそ様の作成されたマクロを使うだけでしたら、とりあえずこの方法で回避お願いします。


詳しい説明
 V8.66未満の秀丸マクロでキーワードや変数、文字列などを連続して記述すると、エラーにならず、最後に書かれたものが有効になったり、期待された結果が得られなかったり、記述の間違いに気づかないままマクロが動いたりします。

 例えば、
	message "Abc" "123";
と書くと、"123"だけがメッセージに出ます。2つの文字列を連結する場合は、本来は"Abc"+"123"と書きます。
他にも変数やキーワードなどでもエラーにならず動いてしまいます。
	#a = #b #c;
	$a = 123 input("x");

 従来通り間違って書かれていても警告メッセージを出さなくしたい場合は、[その他]→[動作環境...]の「トラブル対策」ページの中にある「その他のトラブル対策...」の先にある

マクロで問題のある文法の警告を出さない

 のオプションをONにしてください。これでとりあえず、マクロの手直しをしなくても警告無しでマクロ実行出来るようになります。