その他変換(Ver8.91対応版)
目次その他編集系コマンド− その他変換
ハンカクに変換
 全角ひらがな,全角カタカナを、半角カタカナに変換します。範囲選択してから実行してください。

全角ひらがなに変換
 全角カタカナ,半角カタカナを、全角ひらがなに変換します。範囲選択してから実行してください。

全角カタカナに変換
 全角ひらがな,半角カタカナを、全角カタカナに変換します。範囲選択してから実行してください。

TAB → 空白 変換
 TABを空白に変換します。範囲選択してから実行してください。
 CSVモードのときは使えません。TSVモードのときは使えます。

空白 → TAB 変換
 空白をタブに変換します。範囲選択してから実行してください。
 TSV/CSVモードのときは使えません。

TO UPPER CASE (大文字に変換)
to lower case (小文字に変換)
 範囲選択された文字列を、まとめて大文字/小文字に変換します。範囲選択してから実行してください。

大文字<->小文字の変換
 現在のカーソル位置の文字について大文字/小文字の変換をします。カーソルも右に移動します。範囲選択する必要はありません。

英数字/記号/空白のみ半角に
英数字/記号/空白のみ全角に
 英数字/記号/空白のみ(いわゆるASCII文字)を半角/全角変換します。
 変換される文字は以下のものです。
 「 !”#$%&’()*+,−./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[¥]^_`abcdefghijklmnopqrstuvwxyz{|} ̄」

 ※V8.02β6以降で「英数字のみ半角に」「英数字のみ全角に」からコマンド名が変更になりましたが、動作は同じです。

カタカナのみ半角に
カタカナのみ全角に
 カタカナのみを半角/全角変換します。

変換
 変換のメニューを表示します。


ソート
 ソートは、V8.00から標準の変換モジュール(HmFilter.hmf)に備わっている変換の機能です。
 変換メニューから選んだ場合はソートのダイアログを出します。
 TSV/CSVモードのときは、カラムの右クリック操作で特殊な動作ができるようになっています。

ダイアログの説明
・並べ方
 いわゆる昇順/降順を指定します。

・連続したタブ文字/空白文字を1つの空白文字であるかのようにして比較する
 タブ文字や半角空白が連続している場合(あるいは1つだけの場合)に、それを1つの半角空白であるという扱いにして文字列を比較します。
 一般的には、半角空白とタブを同じ扱いでソートしたい場合にONにします。

・大文字/小文字を区別しない
 大文字/小文字を区別しないでソートします。全角英数字についてはこのオプションに関係なく大文字/小文字が区別されます。

・数値の部分は数値の大小関係でソートする
 例えば「ABC100」と「ABC20」とあった場合、文字列的に比較すると「ABC20」の方が大きいという扱いになります。ここのオプションをONにすると、数値として100と20を比較するようになり、結果として、「ABC100」の方が大きいという扱いになります。

・プラス("+")/マイナス("-")/小数点(".")も計算
 「数値の部分は数値の大小関係でソートする」がONのとき、さらに 1.23 や -1 など、マイナス記号や小数点も含めた数値の大小関係でソートするようにします。
 V8.30以降では1.23E+4などの指数表現も解釈します。

・Unicodeの文字コードで比較
 無効の場合、Shift-JISの文字コードで比較します。
 有効の場合、Unicodeの文字コードで比較します。

・TSV/CSV
 TSV/CSVモードのとき、区切りに対応したソートができます。

・補足
 「Unicodeの文字コードで比較」が無効の場合、文字列の比較はShift-JIS文字コードで行われます。
 Shift-JISの範囲外の文字についてはうまく比較されません。('?'に変換されて比較されます)