English help on website



インストール/アンインストール方法(Ver8.95対応版)
目次− インストール/アンインストール方法
インストール方法
 秀丸エディタ(ストアアプリ版)は、Microsoftストアからインストールします。
 インストーラはありません。

アンインストール方法
 アンインストールは、Windowsの「設定」の「アプリと機能」、またはスタートメニューにある「秀丸エディタ(ストアアプリ版)」を右クリックしてアンインストールします。

秀丸メール(ストアアプリ版)の秀丸エディタ相当のエディタは、秀丸メール(ストアアプリ版)の一部になっています。
インストール/アンインストールは秀丸メール(ストアアプリ版)本体と一緒になります。
秀丸メールの秀丸エディタ相当のエディタは、秀丸メールの一部になっています。
インストール/アンインストール方法については、秀丸メールのヘルプを参照してください。
インストール方法
 圧縮ファイル(HMxxx_signed.EXE)を実行すると、ファイルが一時フォルダに解凍され、自動的にインストーラ(HMSETUP.EXE)が起動します。
 後はインストーラがユーザーにどのようにインストールするかを聞いてきますのでそれに従ってください。
 HMxxx_signed.EXEは拡張子EXEをLZHに変えることによって解凍ソフトを使って解凍し、手動でインストールすることもできます。(64bit版ではできません)
 インストール時に設定した内容は後で変更することができます。分からないことがある場合は適当に設定しておいて、後で設定しなおせばいいです。
 HMSETUPは、インストール終了後も、インストール先のフォルダに存在しています。
 インストール後にHMSETUPを実行すれば、インストール先の変更や、設定の削除などができます。

 秀丸エディタには以下のファイルがあります。

Hidemaru.exe秀丸エディタ本体
HmSetup.exe秀丸エディタのセットアッププログラム
Hidemaru_html.chm秀丸エディタのヘルプファイル(HTML Help版)
Hidemaru_html_en.chm秀丸エディタのヘルプファイル(英語表示用)
Hidemaru.hlp秀丸エディタのヘルプファイル(WinHelp版)
Hidemsub.dll共有データ用のDLL
Hidemac.dllマクロを処理するDLL
HmShellEx.dllコンテキストメニュー用DLL(32bit版)
HmShellEx64.dllコンテキストメニュー用DLL(64bit版)
HmJre.dllサイトー企画による正規表現/あいまい検索
HmJre.chmサイトー企画による正規表現/あいまい検索(HmJre.dll)のヘルプ(HTML Help版)
HmJre_en.chmサイトー企画による正規表現/あいまい検索(HmJre.dll)のヘルプ(英語表示用)
HmJre.hlpサイトー企画による正規表現/あいまい検索(HmJre.dll)のヘルプ(WinHelp版)
Hidetags.exeTAGSファイル作成ユーティリティ
Hidemac_html.chmマクロのヘルプファイル(HTML Help版)
Hidemac_html_en.chmマクロのヘルプファイル(英語表示用)
Hidemac.hlpマクロのヘルプファイル(WinHelp版)
Be_Hidemac.chmマクロのヘルプファイル(入門用)(HTML Help版)
Be_Hidemac_en.chmマクロのヘルプファイル(入門用)(英語表示用)
Be_Hidemac.hlpマクロのヘルプファイル(入門用)(WinHelp版)
Default.key標準のキー割り当てファイル
Vzlike.keyVZ風のキー割り当てファイル
Old.key昔の秀丸エディタ風のキー割り当てファイル
Key.txt初期状態の時のキー割り当て表
各種hilightファイル各種の強調表示定義ファイル
Hidemaru.txt旧説明ファイル(現在は使われなくなりました)
HmToolbar8.hmm標準のツールバーのアイコンモジュール(256色)
HmToolbar32.hmm標準のツールバーのアイコンモジュール(フルカラー)
HmToolbar32_150.hmm標準のツールバーのアイコンモジュール(フルカラー,150%)
HmToolbar32_200.hmm標準のツールバーのアイコンモジュール(フルカラー,200%)
HmToolbar32_300.hmm標準のツールバーのアイコンモジュール(フルカラー,300%)
HmHang.exeハングアップチェッカー
HmHangSub.binハングアップチェッカー用DLL
HmExplorerPane.dllファイルマネージャ枠のDLL
HmOutputPane.dllアウトプット枠のDLL
HmResident.exe常駐秀丸エディタ用のプログラム
HmResource.dllプリセットの強調表示のデータ
HmDWrite.dllDirectWrite処理用のDLL
HmGrepSub.dllgrep処理用のDLL
HidemaruResEn.dll本体の英語表示用リソース
 32bit版のみにあるファイル
HmFilter.hmf標準の変換モジュール(32bit版)
JRE32.DLLとREADME.JREはV8.77で標準付属されなくなりました。古いバージョンからの上書きインストールでは[動作環境]→[環境]で指定可能です。
 64bit版のみにあるファイル
HmFilter.hmf64標準の変換モジュール(64bit版)
HmDll64x32.bin32bitモジュールの橋渡し用DLL

アンインストール方法
 Windows 98, Me, NT4.0, 2000の場合、コントロールパネルから「アプリケーションの追加と削除」を開いて、「秀丸エディタ」を選んでください。
 Windows XPの場合、コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を開いて、「秀丸エディタ」を選んでください。
 Windows Vista, 7, 8, 8.1の場合、コントロールパネルから「プログラムのアンインストール」を選んで、「秀丸エディタ」を選んでください。
 Windows 10の場合、Windowsの「設定」の「アプリと機能」にありますが、32bit版と64bit版の両方がある場合、片方しか出ないようです。スタートメニューから「コントロールパネル」入力してコントロールパネルを開き、「プログラムのアンインストール」から行うと確実です。

 ちなみに秀丸エディタをインストールするときに秀丸エディタを常駐させた場合は、常駐秀丸エディタも終了させてから「アプリケーションの追加と削除」をおこなってください。


古いバージョンの秀丸エディタを新しい秀丸エディタに置き換える場合
 まず、新しい秀丸エディタをインストール解凍する時は、古い秀丸エディタが現在動いてないことを確認してください。常駐秀丸エディタも終了させてください。
 秀丸エディタの常駐秀丸エディタはタスクバーの隅にあるので、クリックしてメニューの「常駐秀丸エディタの終了」を選んで終了させてください。
 そして、インストールと同じ手順でインストールしてください。
 以前の設定および各種キー割り当てファイル(DEFAULT.KEYなど)は、古い物がそのまま使えます。
 以前の設定がうまく復元されなかった場合は、アンインストールしてから、もう一度インストールし直して設定やキー割り当てを作りなおしてください。