表示/操作(Ver8.91対応版)
目次動作環境− 表示/操作
 カーソル操作  カーソル表示  ルーラー
 リンク  文字の描画
カーソル移動
PageUp/PageDownでスクロールする量
 PageUp/PageDownではページ単位でカーソルを移動するときの移動量です。
 「1ページ」の場合は画面の先頭または末尾の1行を残してスクロールします。

クリックした位置に必ず移動
 非アクティブの秀丸エディタのウィンドウをクリックしたときに、1回目のクリックではウィンドウを切り替えるだけにしたい場合はOFFにしてください。
 ONにすると、ウィンドウがアクティブになると同時にカーソルも移動します。
 アウトライン解析の枠の選択移動にも適用されます。

スクロールしてもカーソル位置は固定
 ONにすると、ホイールやスクロールバーを使ってスクロールをした場合、カーソル位置がスクロールに伴って移動しないようになります。
 PageUp/Downでスクロールした場合は、通常の場合はスクロールに伴ってカーソルも移動します。
 いったんホイールやスクロールバーを使ってスクロールさせた状態では、PageUp/Downでもカーソル位置は移動しないようになります。


なめらかスクロール
なめらかスクロールを有効にする
 なめらかスクロールをONにすると、画面のスクロールがなめらかになります。

徐々にゆっくり
 スクロール速度がだんだん遅くなって停止します。
 V8.54以前に「なめらかスクロールを有効にする」がOFFだった状態からV8.56以降にバージョンアップした場合はこちらがデフォルトになります。

一定速度
 一定速度でスクロールします。

カーソル上下キー
 カーソル上下キーなどを使って1〜2行のスクロールを開始するときになめらかにするかどうかと、なめらかにする度合いを決めます。

PageUp/Downなど
 PageUp/Downキーやホイールなど3行以上のスクロールを開始するときになめらかにするかどうかと、なめらかにする度合いを決めます。


挿入/削除時の画面描画をなめらかにする
 このチェックボックスをONにすると、範囲選択してからの削除やクリップボードからの貼りつけをする時に、 画面描画をなめらかに表示するようになります。ただし、画面の大きさを越える大きな編集操作をする場合や、挿入/削除する文字列が小さい場合にはなめらかになりません。

ホイールボタンのオートスクロールをなめらかにする
 ホイールのボタン(中ボタン)を押したときのオートスクロールをなめらかにします。
 オートスクロールは、キー割り当てで中ボタンに何も割り当てしていないときに働きます。


ファイル名表示
ファイル名を小文字で表示
 これをONにしておくと、ファイル名は全て小文字で表示されます。