ユーザーメニュー編集(Ver8.91対応版)
目次メニュー編集− ユーザーメニュー編集
 ユーザーメニューとは、メニューの内容を自由に設定することのできるメニューです。
 ユーザーメニューは、キー割り当てなどをして、ファンクションキーに割り当てたりすることができます。
 ユーザーメニューは8つまで作成可能で、各メニューには25個までのコマンドを入れることができます。

 メニューの各項目には、必ず英字か数字などの記号を1文字指定してください。メニューを選ぶ際にその文字が利用可能になります。

タイトル
 ユーザーメニューがサブメニューとして表示されるときや、「タイトル表示」をONにしたときのタイトルを指定します。文字数には半角16文字(全角8文字)の上限があります。

遅延時間
 「遅延時間」を設定する必要があるケースについては2ストロークのキー割り当てをご覧ください。一般のメニューでは「遅延時間」は0にしてください。なお、遅延はCtrlキーとの組み合わせの場合のみ有効です。

ESCキーに割り当て
 メニュー8だけはEscキーへの割り当てができます。

自動的に「...を開く」等を追加
 メニュー8を右クリックで表示するとき、URL等のカラー表示がされている個所で「...を開く」等のメニュー項目を自動的に追加します。

キーを表示
 「選択中右ボタン」のメニューだけは、キーを表示するかどうかを変更できます。
 例:OFFのとき「新規作成」、ONのとき「新規作成(N)」
 
 それ以外のメニューの場合は常に表示されます。
 
 キー割り当てなどでメニューを表示する場合は、キーが先頭に表示されます。
 例:「N 新規作成」
 
 メニューバーやサブメニューとして表示される場合はキーは括弧の中に表示されます。
 例:「新規作成(N)」

自動的に「コピー」の位置に
 「選択中右ボタン」のメニューだけは、メニューの中に「コピー」コマンドがあると、それを探し出して、マウスカーソルの付近に「コピー」が来るように自動的にメニューを表示する位置を調整できます。
 OFFの場合はメニューの左上隅にマウスカーソルが来る位置になります。


タイトル表示
 キー割り当てでユーザーメニューを表示するとき、メニューの1番目の項目に「タイトル」に書いたタイトルを表示します。

「マクロ:」などを表示
 メニューの中にマクロを割り当てた場合、「マクロ1:サンプルマクロ」と表示するか、単に「サンプルマクロ」と表示するかを決めます。