カーソル移動コマンド(Ver8.91対応版)
目次カーソル移動系コマンド− カーソル移動コマンド
 カーソルの移動はカーソル移動キーで行いますが、例えばCtrl+E,Ctrl+S,Ctrl+D,Ctrl+X(いわゆるダイアモンドキー)でカーソル移動したい人も大勢いることでしょう。そこで秀丸エディタでは別途カーソル移動コマンドを用意し、任意のキーに割り当てられるようにしてあります。
カーソル上,下,右,左
 矢印キーによる移動と同様です。

単語右,単語左
 単語右は次の単語の先頭へ、単語左は前の単語の先頭へカーソル移動します。
 「単語の先頭に移動」,「単語の最後に移動」コマンドに似ていますが、連続実行した場合でも移動します。

行頭に移動,行末に移動
 表示行の先頭,または最後に移動します。

行末に移動(その2)
 表示行の最後に移動します。「行末に移動」とは違い、折り返しがあるとき、カーソル位置は行末の文字の右側に来ます。

スクロールアップ,スクロールダウン
 スクロールアップは、画面を上にスライドさせて下部の見えなかった部分を見えるようにスクロールします。スクロールダウンはその逆です。

ファイルの先頭に移動,ファイルの最後に移動
 ファイルの先頭やファイルの最後にカーソルを移動させます。

次ページ,前ページ
 PageUp,PageDownキーによる移動と同様です。

画面の先頭に移動,画面の最後に移動
 画面に見えている部分の一番上または一番下に移動します。
 移動してしまうとスクロールが発生するような位置には移動しません。