すべて検索(Ver8.91対応版)
目次動作環境検索− すべて検索
ここの設定は、上級者向け設定をONにすると設定できます。
すべて検索ボタン
ボタンの種類
 検索ダイアログの「すべて検索」ボタンの種類を指定します。
 ボタンの種類が変更できるのはWindows Vista以降のみで、XP以下では常にドロップダウンのみになります。
 参照:検索ダイアログ

「すべて検索 - 色付け」実行時、検索文字列更新
 ONの場合、検索ダイアログから「すべて検索 - 色付け」を実行したとき、検索文字列を記憶し、上候補/下候補コマンドで検索できるようになります。
 OFFの場合、検索文字列は記憶せず、上候補/下候補コマンドは前回の検索文字列で検索します。

「すべて検索 - 複数選択」実行時、検索文字列更新
 ONの場合、検索ダイアログから「すべて検索 - 複数選択」を実行したとき、検索文字列を記憶し、上候補/下候補コマンドで検索できるようになります。
 OFFの場合、検索文字列は記憶せず、上候補/下候補コマンドは前回の検索文字列で検索します。


ヒット候補の表示
ヒット候補が無いとき上/下検索ボタンをグレー表示
 検索ダイアログで入力中、現在開いているファイルにヒット候補が無いときに上/下検索ボタンをグレーにして押せないようにします。

上/下検索ボタンに個数表示
 検索ダイアログで入力中、現在開いているファイルのにあるヒット候補の数を表示します。
 表示位置は上/下検索ボタンの右上/左上や、入力ボックスの上下などを指定できます。

スクロールバーにマップ
 縦スクロールバー(縦書きでは横スクロールバー)にヒットする位置を表示します。
 「標準」の場合は入力中と検索後のどちらでも表示します。
 スクロールバーにはカーソル行も表示します。

 スクロールバーのつまみは、画面に表示されている範囲を表していないことがあります。
 行数が少ない場合は画面の範囲とつまみは一致しますが、行数が多い場合はつまみを大きくしているためです。