秀tags(Ver8.91対応版)
目次そのほかのコマンド− 秀tags
 秀tagsは、[その他]-[tagsファイルの作成]コマンドを選択したときに実行される、tagsファイルを作成するためのプログラムです。
 このファイルは[その他]-[ダイレクトタグジャンプ]コマンドで利用します。

 ルールに「C言語の関数一覧」を指定している場合、ソースファイル名と行番号と関数名の一覧を、指定されたフォルダの指定のファイルに出力します。
 標準では拡張子なしの「tags」というファイル名で、カレントフォルダに出力されます。
 「ダイレクトタグジャンプ」で、カーソル位置にある関数名が定義されている場所にジャンプすることができるようになります。

 ルールにhilightファイルを指定するか、「自動」の場合、行の強調表示のある行を出力します。
 行の強調表示は、ルールが「自動」の場合は、ファイルタイプ別の設定の「強調表示」で行の強調表示として指定された行になります。
 「ダイレクトタグジャンプ」で、カーソル位置にある単語が「行の強調表示」がされていれば、そのファイルの行にジャンプすることができるようになります。
 (参照:強調表示の応用 )

 tagsファイルを作成する際に対象となるファイルは複数のワイルドカードで指定できます。

 「更新されたファイルのみ計算」をONにすると、tagsファイルより更新日時が新しいファイルだけを計算します。更新日時が古いファイルは既存のtagsファイルの内容をそのまま残します。

 秀tagsは秀丸エディタがインストールされたフォルダに、hidetags.exeというファイルとしてあります。
 個別に起動することもできます。

ストアアプリ版
 ストアアプリ版においては、秀丸エディタ自身から直接「プログラム実行...」やrun文で実行することは可能ですが、外部のプログラム(例えばデスクトップ上のショートカット)から個別に起動することはできません。

 秀tagsの起動オプション:
/a
 ダイアログを出さずに自動でtagsファイルを作成後、自動で終了します。

/v数字
 設定を保存するかどうか。/v0で保存せず。/v1で保存します。

/n”ファイル名”
 対象ファイル。ファイル名はワイルドカードを指定できます。

/ra
/rc
/r”強調表示定義ファイル”
 ルール。/raは自動。/rcはC言語。

/o”ファイル名”
 出力ファイル名。

/s数字
 サブフォルダも出力するかどうか。/s0でしません。/s1でします。

/f数字
 ファイル名をフルパスで出力するかどうか。/f0でしません。/f1でします。

/d数字
 更新されたファイルのみを計算するかどうか。/d0でしません。/d1でします。(V8.79以降)


参照:
ダイレクトタグジャンプ」コマンド
tagsファイルの作成」コマンド
[動作環境]-[その他のコマンド]-[タグジャンプ]