ユーザー定義(Ver8.91対応版)
目次ファイルタイプ別の設定デザイン− 複数行コメント(ユーザー定義)
 「メニュー(E)>>」から「hilightファイル直接指定モード(複数行の強調)」を選んでいる場合は、hilightファイルを直接参照します。
 hilightファイルは、[ファイルタイプ別の設定]→[デザイン]→[強調表示]で「ユーザー定義」を選び、ここでも「hilightファイル直接指定モード」を有効にして指定します。


複数行コメント
自動判定・言語指定
 自動判定にすると現在開いているファイルの拡張子(ファイルタイプ)に応じて、最適と思われる言語を自動的に決定します。
 言語指定にすると、拡張子が何であっても言語を固定で指定します。
 複数行コメント(自動判定・言語指定)

ユーザー定義
 言語をユーザー定義します。単純に複数行の強調表示としても利用できます。
 言語指定とは併用できません。

複数行の強調表示一覧
 複数行の強調表示する文字列の一覧を表示しています。この中の項目をダブルクリックすると、その項目のプロパティが表示されます。
 参照:強調表示文字列(複数行)のプロパティ


 複数行コメントのユーザー定義は、言語のカスタマイズだけでなく、複数行の強調表示として使うことができます。
 開始文字列と終了文字列を指定して、その範囲を強調表示します。

使い方の例
 「追加...」ボタンで追加して、開始文字列と終了文字列を定義します。
 同時に複数定義できます。
 例えば、「/*」〜「*/」をコメントにしたいけど、「"」〜「"」に囲まれた文字列としての「/*」はコメントにしたくないという場合は、両方定義することで解決できます。
 開始文字列「/*」 終了文字列「*/」 表示方法「コメント」
 開始文字列「"」  終了文字列「"」  表示方法「文字定数」

a = 1; /*comment comment*/ b = 2; /*comment*/ c = 3; /*comment "This is not string" */ d = "string string"; e = "string"; f = "string /*This is not comment*/ ";