強調系のカーソル移動コマンド(Ver8.91対応版)
目次カーソル移動系コマンド− 強調系のカーソル移動コマンド
 強調系のカーソル移動コマンドは、[検索]→[強調]のメニューの中にある4つのコマンドのことです。
アウトライン解析...(旧「強調表示一覧」)(その他のコマンド
 関数一覧、強調一覧、ツリー表示をダイアログボックスに表示します。
 関数一覧は、C言語のソースコード用に、C言語の関数一覧を表示します。
 強調一覧は「行の強調」などの指定によって強調されている部分の一覧を表示します。
 ツリー表示は、アウトライン解析の設定に従って見出しをツリー状に一覧表示します。
 一覧の中からカーソルを移動したり検索したりすることができます。

上の強調行
 「行の強調1」または「行の強調2」の指定が1つでもある場合、その強調にヒットしている文字列を上方向に検索し、見つかった場合はそこに移動します。
 「行の強調1」または「行の強調2」の指定が1つも無い場合には、C言語の関数を上方向に検索します。
 C言語の検索の注意点

下の強調行
 同じく、下方向に検索し、見つかれば移動します。

強調行の範囲選択クリップボード系コマンド
 現在のカーソル位置か、またはそれより上方向に存在する強調行から、それより下に位置する強調行までの間を範囲選択します。
 強調行の指定が1つも無い場合にはC言語の関数を選択するように動作します。