SendLater関数(TKInfo.dll)(Ver6.80対応版)
 SendLater関数は、現在のメールを未送信フォルダに保存し、そのままマクロ実行を続行します。「あとで送信」を実行しつつもマクロだけ続行するような感じです。

 この関数でメールを「あとで送信」にした場合、マクロ登録の所で登録されている「あとで送信/今すぐ送信時」のマクロは自動実行されません。そこに登録されているマクロを実行したい場合には、別途、 SetCancel/GetCancel/SendMacro関数を使って例のように処理してください。
返り値(数値型)
 保存に成功したら0以外、失敗したら0を返します。


補足
 SendLater関数で送信するメールのTo:/Cc:ヘッダが空でBcc:ヘッダのみで宛先指定されてる場合、秀丸メールのVersion 6.54β15までは、To:にFrom:のメールアドレスが勝手に入る動作になっていました。Version 6.54β16以降からは、普通の「あとで送信」の時と同様の問い合わせメッセージが出ます。
 問い合わせメッセージを出したくない場合は、何らかのメールアドレスか、または「Undisclosed-Recipient:;」をTo:ヘッダに入れてからSendLater関数呼び出しするようにしてください。


loaddll "tkinfo.dll";
$macro = dllfuncstr("SendMacro");
if( $macro != "" ) {
    #n = dllfunc("SetCancel", 0);
    execmacro $macro;
    #n = dllfunc("GetCancel");
    if( #n != 0 ) {
        endmacro;
    }
}
#n = dllfunc("SendLater");
if( #n != 0 ) {
    exit;
}

戻る