CloseGrepWnd関数(TKInfo.dll)(Ver6.93対応版)
 この関数は、検索結果のウィンドウが存在している場合に、そのウィンドウを閉じます。

 この関数は、検索結果のウィンドウ上でマクロ実行してる最中には実行出来ません。検索結果のウィンドウ上でマクロ実行してる時は、SetMainWndTop関数を使うなどしてマクロ実行を他のウィンドウに移動させてから実行してください。
パラメータ1(数値型)
 パラメータ1に数値の0を指定するか、またはパラメータ1自体を省略すると、検索結果のウィンドウのうちの最前面のものを1つだけ終了させます。
 パラメータ1に数値の1を指定すると、検索結果のウィンドウが複数あった場合にそれらすべてを閉じます。


返り値(数値型)
 検索結果ウィンドウを1つでも閉じた場合は0以外の値を返します。何も閉じなかった場合は0を返します。
 「検索して一覧作成」を実行してる最中だと、エラーメッセージが表示されます。検索して一覧作成の最中にエラーメッセージを出さないようにするためには、あらかじめIsGrepProcessing関数でチェックしてください。


#n = dllfunc( "CloseGrepWnd" );