マクロ作成のヒント、MailIntoClipboard(Ver6.93対応版)
 以下のサブルーチンは、返信元メールまたは転送元メールをクリップボードに入れます。ヘッダ部分は適当に省略されます。
MailIntoClipboard:
    // 元メールの内容をそのままクリップボードに入れる処理
    setclipboard "Subject:  " + dllfuncstr( "Subject" ) + "\n";
    addclipboard "From:     " + dllfuncstr( "From" ) + "\n";
    $$replyto = dllfuncstr( "SearchHeader", "Reply-To" );
    if( $$replyto != "" ) {
        addclipboard "Reply-To: " + $$replyto + "\n";
    }
    addclipboard "Date:     " + dllfuncstr( "SearchHeader", "Date" ) + "\n";
    addclipboard "\n";
    ##line = dllfunc( "RootBodyLineCount" );
    ##i = 0;
    while( ##i < ##line ) {
        $$line = dllfuncstr( "RootBodyLine", ##i );
        addclipboard $$line + "\n";
        ##i = ##i + 1;
    }
    return;