PlainTextToHtml関数(TKInfo.dll)(Ver6.96対応版)
 PlainTextToHtml関数は、パラメータで渡された文字列をHTMLメールに埋め込めるテキスト形式に変換します。たとえば「<」の文字を「&lt;」のように変換します。
 HTMLメールのメール本文に何か任意の文字列を埋め込みたい場合に使います。
パラメータ1(文字列型)
 変換元の文字列を指定します。


返り値(文字列型)
 変換された結果文字列を返します。


例(HTMLメールを作成してメール本文を「<<テスト>>」とする例)
loaddll "tkinfo.dll";
#n = dllfunc("NewMail");
#n = dllfunc("SetHeader", "Content-Type", "text/html");
gofiletop;
beginsel;
gofileend;
$insert = dllfuncstr("PlainTextToHtml", "<<テスト>>");
insert $insert;
#n = dllfunc("HtmlEdit");