ClearAllUnread関数(TKInfo.dll)(Ver6.99対応版)
 この関数は、「編集・すべて既読にする」コマンドを実行します。これを実行すると、現在のフォルダ中の未読メールがすべて既読になります。
パラメータ1(文字列型)
 パラメータ1を省略するか、数値の0を指定するか、または""を指定すると、現在のフォルダ中の未読メールをすべて既読にする、普通の動作となります。
 パラメータ1に"under"を指定すると、現在選択してるフォルダ配下のサブフォルダも含めて「すべて既読にする」を実行します。全般的な設定での「確認メッセージ」の設定によっては、本当に実行していいかどうか確認メッセージが出ます。
 パラメータ1に"undernoconfirm"を指定すると、現在選択してるフォルダ配下のサブフォルダも含めて「すべて既読にする」を、確認メッセージ無しで実行します。


返り値(数値型)
 返り値に意味はありません。


#n = dllfunc("ClearAllUnread");
#n = dllfunc("ClearAllUnread", "under");
#n = dllfunc("ClearAllUnread", "undernoconfirm");