IsOrikaeshi関数(TKInfo.dll)(Ver6.80対応版)
 この関数は、現在のメールが「自動折り返し」になっているかどうかを返します。メールが複数選択されている場合には点線のフォーカス枠のついているメールについての状態を返します。
返り値(数値型)
 折り返しONの場合は1、そうでない場合は0を返します。普通は折り返しONです。


補足
 秀丸メールのVersion 6.76から「自動折り返し」のコマンド名称が変更されています。送信系メールでは「72桁で折り返し」、受信系メールでは「折り返して表示」となってます。また、送信系メールでの「72桁で折り返し」の初期値をOFFにする設定も用意されています。
 自動折り返しのON/OFF切り替えには、SwitchOrikaeshi関数を使います。


#orikaeshi = dllfunc( "IsOrikaeshi" );

戻る