CustomRootHeader, CustomRootHeader2, OrikaeshiCustomRootHeader, QuotedCustomRootHeader関数(TKInfo.dll)(Ver6.93対応版)
 CustomRootHeader, CustomRootHeader2, OrikaeshiCustomRootHeader, QuotedCustomRootHeader関数は、それぞれがSmallRootHeader, SmallRootHeader2, OrikaeshiSmallRootHeader, QuotedSmallRootHeader関数相当で、パラメータとして、抽出したいヘッダを指定する形になります。

CustomRootHeader関数は、返信元/転送元メールのカスタムヘッダを、72桁で自動折り返し整形した文字列を返します。返される文字列は「自動折り返し禁止」の形になります。
CustomRootHeader2関数は、返信元/転送元メールのカスタムヘッダを何も整形せずにそのまま返します。返される文字列は「自動折り返し禁止」の形にはなってないので、必要な場合はさらにDontOrikaeshi関数で加工してください。。
OrikaeshiCustomRootHeader関数は、CustomRootHeaderの返す文字列での「自動折り返し禁止」を外した文字列を返します。
QuotedCustomRootHeader関数は、引用記号付きの文字列を返します。

 これら4つの関数は、テンプレート命令の中で使うように用意しています。

パラメータ1(文字列型)
 簡略表示に表示したいヘッダ名をそのままくっつけて指定します。例えば「From:、Subject:、To、Cc:」の4つのヘッダを対象にしたい場合は、
"From:Subject:To:Cc:"
のように指定してください。途中に余計な空白や改行が混じっていてもかまいません。例えば"From:\r\nSubject:\r\nTo:\r\nCc:\r\n"のように指定してもうまく動作します。コロンは省略出来ません。


 パラメータ1に指定するヘッダには、Date:ヘッダを日本語で表示する用の「日時:」は指定出来ます。しかし、送受信日時やサーバー到着日時を表示する用の「受信日時:」や「到着日時:」は指定出来ません。(指定しても無視されます)


返り値(文字列型)
 ヘッダ部分文字列です。


$s = dllfuncstr("CustomRootHeader", "From:Subject:To:Cc:Date:");
$s = dllfuncstr("CustomRootHeader2", "From:Subject:To:Cc:Date:");
$s = dllfuncstr("OrikaeshiCustomRootHeader", "From:Subject:To:Cc:Date:");
$s = dllfuncstr("QuotedCustomRootHeader", "From:Subject:To:Cc:Date:");