QuotedRootBody_NoOrikaeshi、QuotedSelectedRootText_NoOrikaeshi、QuotedSelectedRootText2_NoOrikaeshi関数(TKInfo.dll)(Ver6.93対応版)
 これらの関数は、「_NoOrikaeshi」のつかないバージョンの関数と返す値は基本的に同じですが、引用する時の自動折り返しの処理を一切せずに引用します。
 この関数を使って引用する場合は、「X-TuruKame-KeitaiSend: 1」(自動折り返し位置に改行コードを入れずに送信する指定)もセットで指定することが必須となります。
返り値(文字列型)
 返信元メールまたは転送元メールの本文の内容を引用記号付きに変換した文字列です。


補足
 これらの関数は主にテンプレートで使う用で、一般には、
$(SetHeader,X-TuruKame-KeitaiSend,1)$-
$(QuotedRootText_NoOrikaeshi)
のように指定する形になります。


参照
 QuotedRootBodyなど
 QuotedRootBody_SyncOrikaeshiなど


$s = dllfuncstr("QuotedRootBody_NoOrikaeshi");