How to zip/unzip(Ver1.57対応版)
Index

秀丸ファイラーClassic自身には、圧縮・展開(解凍)をする機能はありませんが、簡単にボタンにすることができます。

通常、圧縮・展開はコンテキストメニュー(右クリックメニュー)等から操作して圧縮・展開をする必要があります。
Windows標準のZIPの場合は、圧縮はファイルを選択してコンテキストメニューの「送る」の中にある「圧縮 (zip 形式) フォルダー」があります。
解凍は、ZIPファイルを選択して、コンテキストメニューの「すべて展開(T)...」があります。

これをブックマーク(またはツール)に登録して、ツールバーのボタンにすることができます。
[ブックマーク]→[ブックマークに追加...]や[ツール]→[ツールの整理...]で追加して、「パス」の右側の「>>」から、「コマンド(送る)(8)...」から送るメニューの「圧縮 (zip 形式) フォルダー」を追加できます。
ZIPファイルを選択した状態で、同じく「コマンド(コンテキストメニュー)(7)...」から「すべて展開(T)...」を追加できます。

[表示]→[ツールバー]からリンクバーまたはツール項目バーを表示させると、ブックマークやツールの内容がボタンになります。

こういった感じで、他の圧縮解凍ソフトの機能もボタンにすることができます。

例:ZIPファイル選択時のWindows標準の解凍をボタン化する場合
js:ContextMenu("すべて展開(&T)...");

例:Windows標準の「送る」のZIP圧縮をボタン化する場合
js:SendTo("Compressed (zipped) Folder.ZFSendToTarget");

参照:ブックマーク
There is no function to compress and expand, however you can easily use it as a button.

Normally, compress/expand is performed by operating from the context menu (right-click menu).

To add a button, add bookmarks or tool items.
You can make button by edit the bookmark item path.

Example:
js:ContextMenu("Extract");

Example:
js:SendTo("Compressed (zipped) Folder.ZFSendToTarget");

Bookmark