設定ダイアログボックス・ブラウザエンジン(Ver4.03対応版)
ブラウザエンジン
 HTMLメールを表示する用のブラウザエンジンの種類を指定します。Internet Explorerのブラウザエンジンか、またはMicrosoft Edgeブラウザエンジンが指定できます。

 「自動」を指定している場合、「WebView2ランタイム」がインストールされていてMicrosoft Edgeブラウザエンジンが利用可能である場合にはそちらが優先され、そうでない場合はInternet Explorerブラウザエンジンが使用されます。

 WebView2ランタイムをインストールするには、ダイアログボックスの中にある
https://developer.microsoft.com/ja-jp/microsoft-edge/webview2
 のボタンをクリックした先からWebView2ランタイムのインストーラーをダウンロードして実行してください。

 WebView2ランタイムはWindows7以上にてインストールが可能なはずです。ただしWindowsが64bit版でないとダメだと思います。

 WebView2ランタイムのダウンロード用ページやその他Microsoft Edgeブラウザエンジンについては将来マイクロソフトさんが変更する可能性があります。ダウンロードページが見つからない場合などは、ネット検索するなどして最新の情報を収集して対処お願いします。たとえば「WebView2 runtime download」のようなキーワードでネット検索すると、ダウンロード用ページが見つかると思います。

2021年4月13日情報追加:
 2021年4月頃から、Windows Updateによって、Windows10に対して「WebView2ランタイム」が自動でインストールされるようになりました。なので、特にユーザー様がWebView2ランタイムをダウンロード&インスト−ルしなくても、Microsoft Edgeブラウザエンジンが自動で使えるようになります。


Internet Explorer相当ウィンドウ部品の互換性の指定
 HTMLメールViewerのVersion 4.00から、Internet Exploer相当ウィンドウの互換性の指定(IE9〜IE11の指定)は廃止されています。
 HTMLメールViewerのVersion 4.00と秀丸メールのVersion 6.96以上からは、HTMLメールViewerはIE11相当で動作する固定の仕様に変更されています。