設定ダイアログボックス・印刷(Ver4.03対応版)
印刷時の簡略表示ヘッダのフォント指定
 ここのオプションをONにすると、簡略表示ヘッダとセットでHTMLメールを印刷する時の、簡略表示ヘッダ部分のフォントが指定出来ます。
 ここをOFFにした場合は、HTMLメール側でもしもフォントが指定されていればそのフォントになり、指定されてなければInternet Explorerでの標準のフォントで印刷されます。


 フォントのサイズはポイント数で、0.1ポイント単位で指定出来ます。


印刷コマンドでプレビュー表示
 ここのオプションをONにすると、ファイルメニューの印刷コマンドを実行した時に、いきなり印刷じゃなくて、プレビュー表示のウィンドウを表示します。実際に印刷するにはプレビュー表示のツールバーから印刷のボタンを押す形になります。


Shiftキーを押しながら印刷コマンド実行でプレビュー表示
 ここのオプションをONにすると、Shiftキーを抑えながらファイルメニューの印刷コマンドを実行した時に限り、プレビュー表示します。Shiftキーを抑えてなければ普通の印刷扱いになります。


保護モード中に印刷コマンドを実行した時の警告を省略
 HTMLメールViewerが保護モードの状態で印刷コマンドを実行すると、保護モードから通常モードに切り替える用の確認メッセージが表示されます。ここのオプションをONにすると、その確認メッセージを省略します。ここのオプションをONにするには秀丸メールのVersion 6.94β25以上が必要です。