HTMLメール用テンプレートの作成方法(Ver1.51対応版)
 HTMLメール編集アドインをインストールしたら、まずはHTMLメール用のテンプレートを作成しておくことをお勧めします。特にHTML形式で送られてきたメールをHTML形式のままで返信したり、またはHTML形式のままで転送したりするには、それ用のテンプレートを作成しておく必要があります。その方法を簡単に説明します。


 これでとりあえず、HTMLメールに対してHTML形式のまま返信したり、HTML形式のまま転送したり、ということが、テンプレートの指定によって簡単に出来るようになります。
 さらに、「HTMLメールだったら自動的にHTMLメール用のテンプレートで返信/転送する」ということも可能です。それをやるには、アカウント毎の設定での「テンプレート/署名」のページで、HTMLメール用テンプレートを指定する必要があります。具体的には以下のようになります。
 これで、あとはHTMLメールが届いた時に、普通に「返信メール」や「転送メール」を実行するだけで、HTMLメール形式のままで返信/転送出来るようになります。
 この、HTMLメール用テンプレートの指定は、フォルダ毎設定の方でも指定出来ます。


新規メール用のテンプレート

 新規メールを作成した時に最初からHTMLメールにしたい場合は、テンプレートの中に「$(HtmlEdit)」命令を入れる形になります。やり方の例を紹介させていただきます。